小松通信

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第7話|ダイヤモンドの手に入れ方

2018年12月26日(水)

約50人が会場を埋めた

博多ラストセミナー。

 

終了間際、僕はこう言った。

 

「じゃあ、僕に声をかけられた人は、

前に出てきてください」

 

さっと、椅子をたつと、

恐る恐る前に歩き出し、

 

緊張した面持ちのまま

ホワイトボードの前に並ぶ

3人の姿があった。

 

彼らは「失敗したくない」って思ったのか、

スピーチの原稿が書かれているであろう

スマホを握っている。

 

そんな彼らの姿を見て、

僕も緊張しながら、

セミナーしたことを思い出した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

プレッシャーは、善か悪か

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あなたは、「プレッシャー」と、聞いて、

いいイメージを持つか、悪いイメージを持つか、

どちらだろうか?

 

まぁ、正直、僕は、プレッシャーが嫌い。

 

うまくいかない。

 

でも、プレッシャーはあったのに、

うまくいく経験を、今のビジネスを初めて、

何度か経験したことがある。

 

実は、

博多に来てから3ヶ月間、

実は怖かった。

 

博多に来た当初、

僕を含めた5人で決めた目標が

今までの挑戦してきた

どの目標よりも圧倒的に怖かったから。

 

 

でも、この目標は、

達成できたとしたら、

最高と思える目標でもあった。

 

 

「わんちゃん、いけるんじゃね?」

 

「ここまでやって、無理だったら無理だ」

 

こんな感じで、

僕らは真剣に会議を繰り返し、

問題解決を行い、アクションプランを決め、

アクションしまくった。

 

そして12月末、現在、、、

10月決めた目標に対する情熱は、

僕らの周りにも伝りつつある。

 

目標達成できるかどうかの瀬戸際。

彼らが手に入れたものとは?

 

 

それは、達成したいと思う「情熱」

 

達成したいと思う気持ちが芽生えているんだろうと

あるメンバーを見ていると思う。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

プレッシャー×情熱

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

プレッシャー→圧力

情熱→熱量とした時、

 

この2つによってできる

光り輝くものが、ある。

 

「ダイヤモンド」

 

 

ダイヤモンドは磨くのに、

ダイヤモンドしか磨けない

 

って言葉がある。

 

本当かどうかは知らないけど。

まぁでも、これは人間も同じだと。

 

人間は人間によって磨かれる。

 

僕は、そんなコミュニティを作っていきたい。

 

 

今日で一応、小松は年末休みに入ります。

この期間はもっと明確に目標を決め直そうかと思います。

 

 

ps.

なんとなく伝われ。文章変だけど、文脈から、何か気づきを。それは、委ねます。笑笑