Komatsu's diary

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第16話|僕を育てた『モノマネ細胞』

僕は飛行機を見ると、

最短で夢の1つを

叶えたい人たちのことを思い出す。

 

実は、両親だ。

 

僕の両親は、結婚して今年が27年目になるのだが、

2人は新婚旅行にアメリカのディズニーワールド

(以下、W.D.とする)に行っている。

 

W.D.は、フロリダという地域にあり、

東京の山手線がすっぽりハマってしまうほどの面積が広い。

 

そんなW.D.に行く時の話に笑い話がある。

 

新婚旅行に向かう当日、羽田?成田?どっちか忘れたが、

飛行機まで時間があったから、カレーライスを食べたんだという。

 

それから数時間後、

母が父にこう言うのである。

 

母『お腹が痛い』

 

 

そう。母は、この時、

食中毒になったらしい。

 

母は赤十字病院で点滴を受け、

その間、父と叔父は、空港のデッキにて、

『あー、俺に乗るはずだったんだよな』

と、悲しげに見送ったんだと。

 

 

普通なら、ちゃんちゃん。

って終わりたいんだけどさ、

 

何がすげーって、

2人はもう一回貯金やり直すんよね。

 

で、1年で貯め直して、

W.D.に行ったらしいんだ。

 

このエピソードを、

何回小さい頃に聞いたことか。

 

そこに連れて行くことが、

夢の1つになってしまうほどの、

洗脳教育といっても過言ではない。笑

 

幼稚園生から毎年ディズニーに連れて行かれたし、

小学校はズル休みして行ったことも覚えている。

 

どんだけ好きかって、

俺のこと関係なくても、

2人行ってるもんね。

 

俺が大学2年生の時、

ピロンってメールきたかと思ったら、

『ディズニーランドにいるんだけど、来るかい?』って書いてあって、

 

内心そこは、『あんたらの庭か!』

って思ったくらい。

 

 

さて、両親のディズニーに対する

熱量はわかったと思うんだけど、

 

1年でW.D.に行くお金を貯め直すって

結構すげー。

 

当時2人はまだ、

今の俺と同い年くらいだし、

工場勤務の人だし、

 

今の1週間遊ぶ価格で、

1人頭30万くらいするから、

当時の価格にすると、

もう少し高いはずだよねっていう。

 

 

とか言う僕は、3人で行くとして、

150万プラン、げふんげふん。

まぁこれは黙っておいて欲しいんですけど。。。

 

 

でね、なぜこのスピードで、

貯金できたのか?って話なんだけど、

 

 

それは、

 

臨場感が高かったから

 

という言葉にまとめられる。

 

 

 

ようは、

 

目標を達成するイメージが

超鮮明だった

 

ってことです。

 

 

1度手に入れられたお金は

手に入れられるってことですね。

 

 

この達成イメージを鮮明にするアクションを

今年は多く取り入れてほしいです。

 

 

そこで、して欲しいことは、

 

より成功してる人のそばで、言葉を盗む

 

ということです。

 

 

言葉は、その人が成功した思考を

作っています。

 

 

なので、自分の理想像に近い、

近くにいるであろう人の、

 

フレーズを盗んできてください。

 

 

~Live a dramatic life~

#人生にドラマを

 

ps.

今日は少し親バカしました。

いつもしてるか。笑笑。