Komatsu's diary

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第20話|在り方の作り方〜その2

【遠足の法則】をシェアします。

 

僕は今日この法則を使うことによって、

朝早く起きることができています。

 

本当は7:00に起きれば良かったものを、

4:30に目が覚めてしまうほど

強力なものです。

 

 

この早起きのテクニックは、

実は、数年後先の目標達成にも

応用することができ、

 

 

実際に、小松が2015年に立てていた

2018年の目標を達成することができました。

 

 

なぜ、こんなことが可能なのか?

というと、

 

遠足の法則は、

感情をコントロールするテクニックだから

と言えます。

 

 

例えば、、、

 

小さい頃に、こんな経験をした人は

いないでしょうか?

 

1.遠足当日は早く起きてしまう。

 

2.今日は日曜日で、学校がお休みだから、

ずっと寝ているつもりだった。

それなのに、朝早く起きてしまう。

 

などなど。

 

こういった現象を

利用しているという感じです。

 

これは、無意識的に、脳みその中で、

『明日はいいことがある!』という状態になり、脳がポジティブな状態になるから、うまく行きやすいんですよね。

 

 

それなので、僕は昨日、寝る前に、

今日の朝起きてから朝活に行き、

パソコンで何をするか?までを

イメージして眠りにつきました。

 

まぁ、4:30に起きてしまったのは、

予想外だったんですが。

 

 

で、これを応用したテクニックが、

 

『成功した未来の自分からの手紙』

 

なんです。

 

 

これは、未来のいいイメージを脳にインストールさせることで、より良い脳の状態を作るワークだったんです。

 

 

 

2015年の僕は、2018年からの僕から手紙をもらいうまくいったんですよね。

 

 

なので、今日は、

手紙を是非描いてみて欲しいんですが、

 

 

その上で、いくつかポイントを

紹介します。

 

 

 

1.叶えたいことを鮮明に書くこと

なぜパート

------------------------------

例えば、数字はできるだけ入れてください。

月収、年収、人脈の人数、などなど、

漠然と書くのではなく、

具体的にしてください。

 

 

2.うまくいった理由を書く

できるようになったこと

何パート

------------------------------

で、何パートでは、

それがうまくいった理由、原因、

あなたができるようになったことを

書いてください。

 

未来の自分からのアドバイスですね。

 

習慣化ができるようになったとか、

スマホをいじる時間が4時間減ったとか、

成長ポイントを書くことがオススメです。

 

 

3.成長ポイントをどうやるのかを書く

どうやってパート

------------------------------

2で書いた成長ポイントを、

実行できるようにしてください。

 

例えば、

アプリを消す

朝早きのために、○○を買う

などなどです。

 

4.手紙を書き終えた瞬間やることを書く

今すぐパート

------------------------------

ちなみに、同時僕は、

パズドラというゲームアプリを

消しました。

 

そのおかげで、

生産性はかなり上がったと思います。

 

 

 

 

こんな感じで、遠足の法則を使い、

未来からのメッセージをもらうことで、

目標達成ができるようになります。

 

 

ぜひ、手紙を書いてみてください。

 

 

~Live a dramatic life~

#人生にドラマを

 

ps.

みなさん、手洗いうがいは

きちんとしましょう。

 

察してください。笑笑