小松通信

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第23話|【自己政治】

「失敗しない選択をしたい」

 

と考えたことがある人は、

どれくらいいるのでしょうか?

 

 

でも、それって逃げ腰じゃね?

って思ってて。

 

どちらかといえば、

僕は、できるだけ

失敗しない選択をする回数よりも、

失敗しても良いから

 

「チャレンジする」

っていう選択をなるべく取ろうと

より最近思っています。

26歳なんて超若いから。

 

 

それに、今日の小さな良い選択ができた

このお話が、あなたの選択をする力の

レーニングにもなると考えたので、

シェアします。

 

 

で、お題が、

 

【自己政治】って話です。

 

 

政治っていうだけあって、

3つの派閥があります。

 

“ 動物脳 “ 党

“ 人間脳 ” 党

“ 無所属 “ 党

 

って感じです。

 

 

わかりづらいと思うので、

今朝、小松くんが起きた時の

お話を例にします。

 

 

このお話の中で、

どこの部分が、”何党”なのか?

 

“ 動物脳 “ 党

“ 人間脳 ” 党

“ 無所属 “ 党

 

って考えながら、

読んでみてください。

 

 

ーーーーここからーーーー

朝、小松くんは、

ものすごく喉が痛かったんですよね。

 

で、そのタイミングで、

『かぜなおったか?』って

ラインで聞かれたんです。

 

 

その時、とっさに頭に浮かんだのは、

(いや、悪い【気がする】)

だったから、

 

ラインで、

『いや、治ってない』って

答えたんです。

 

 

そしたら、

本当に悪そうに振る舞おうとした

自分がいたんですよね。

 

頭の中が

ぐるぐるぐるぐる〜〜

って。

 

 

【気】がしただけだったんですけどね。

 

 

だから、

(うわ、やばい!良いことを考えよう)

って切り替えようとしてみました。

 

 

それで、これから起きる良い話題に変わったら、

だいぶ前向きに変わったんですよね。

 

 

そしたら、スッと布団から体を出して、

シャワーを浴びて、1日の準備を

整えることができんです。

 

ーーーーここまでーーーー

 

いかがでしょうか?

 

どの僕が、何党になっているか?

わかるでしょうか?

 

 

1.(いや、悪い【気がする】)

って部分は、“ 動物脳 “ 党

 

2.本当に悪そうに振る舞おうとした自分がいた

って部分は、

 

“ 無所属 “ 党だったメンバーが、

“ 動物脳 “ 党になった感じ。

 

3.(うわ、やばい!良いことを考えよう)

って部分は、“ 人間脳 ” 党

 

になります。

 

 

「明確にわかってくれ」っていうより、

自分の中にいろんな自分がいるし、

それを今回みたいに

 

 

【区別してみて】ほしいんですよね。

 

 

そしたら、もっとより良い選択をするための

最初のステップ【区別】ができるようになるので。

 

 

で、トレーニングする方法としては、

朝起きれるかどうかを

観察してみると良いと思います。

 

こんな3ステップです。

 

 

 

1.思考パターンを書き出す

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝起きた時、何を考えていたのか?

を紙に書き起こす。

 

 

 

2.トリガーを探す

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

どこで、二度寝しようと思ったのか?

を書き出す。

 

どこで、ちゃんと起きようと思ったのか?

を書き出す

 

 

 

3.アウトプットしておく

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

どんな時、感情に流されるのか?

 

どんな時、感情を受け入れ、

思考し始められるのか?

 

を言葉にしておく。

 

 

 

~Live a dramatic life~

#人生にドラマを

 

 

ps.

喉痛いのは、

セミナーとかミーティングで

話し過ぎてるか?声がでかいからか?

 

#喉の調子にプロ意識を