小松通信

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第28話|コーチャブルは奴隷命令か?

初めてのビジネスで結果を出すには、

『コーチャブル』をどれだけ理解してるかが

重要です。

 

なぜなら、サポートした人は、

あなたよりは、正しい答えを知っていて、

それを忠実に実行できれば、

あなたの理想に近づくからです。

 

ただし、この『コーチャブル』を

間違えて理解している人がいます。

 

昨日、実際に、

「こいつの結果が出やすいように、

アドバイスを上げたのに、

やらないんですよね」って声を聞いた。

 

 

これから僕が話す視点は、

サポートする人、サポートしてもらう人、

どちらにも役立つので聞いてほしい。

 

 

『コーチャブル』と聞いて、

あなたは、どんなイメージを持つだろうか?

 

「言われたことをそのままやる」

「コーチできる状態になる」

 

といったイメージが多いだろう。

 

 

しかし、今日は、もう少し細かく区別できるように

2つの言葉を見比べてみてほしい。

 

従順 と 素直

 

である。

 

 

さて、この2つの単語には、

どんな違いがあるだろうか?

 

 

 

30秒くらい測るから考えてみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと考えましたか?

読み飛ばさないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、僕が思う違いをシェアします。

 

従順:実行プロセスが共有されていること

素直:達成したいビジョン・実行プロセスが共有されていること

 

という違いがあります。

 

 

つまり、

達成したいビジョンまで共有されているか

が重要です。

 

 

 

例えば、イメージしてもらいたいのですが、

Aさんをサポートしてくれる人として、

Bさんをサポートしてもらう人とします。

 

 

素直

ーーーーーーーー

 

 ーーーー

|ビジョン|

 ーーーー

 A→ ↑B

 

ーーーーーーーー

 

上の図のように、

 

Aは、達成したいビジョンを

Bに見せながら、アドバイスします。

 

そして、

Bは、達成したいビジョンを見た上で、

Aのアドバイスを聞きます。

 

 

 

しかし、

 

従順

ーーーーーーーー

 

 ーーーー

|ビジョン|

 ーーーー

 A→←B

 

ーーーーーーーー

 

従順の場合、

 

AとBが達成したいビジョンを共有せずに、

 

アドバイスを言い聞きあっています。

 

 

 

だから、言うことを従ったのに、

なぜかイメージ通りにいかない、

と問題が起きてるなら、

 

今一度、達成したいビジョンの共有から

初めてみてほしい。

 

 

 

 

では、普段のミーティングで取り入れてほしい

3ステップをアドバイスを受ける人目線で、

紹介していきます。

 

 

 

▶︎第1:アドバイスは絶対やるという気持ちであること

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前提として、

アドバイスをしている人は、あなたより正しい

と受け止めてください。

 

 

 

▶︎第2:【ビジョン】【実行プロセス】を確認する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1ステップができましたら、

【ビジョン】・【実行プロセス】

を確認してください。

 

 

確認方法としては、

「〇〇」と言ってましたが

「△△」ということと間違いないですか?

 

と言われたことを、

あなたなりに言い換えて、

確認をしてみてください。

 

注意:

「〇〇」「△△」は、

より事実・データに基づくと

機能します。

 

 

 

▶︎第3:実行日・完了日を決める

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで完了したら、実行する日、

完了させる日を決めて、実行に移していきましょう。

 

 

 

以上、3ステップでした。

 

 

ここまで聞いて、今やっていることのイメージが

あまりにもできなかったら、

サポートしてくれる人に聞いてみてください。

 

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

 

ps.

 

最近、喉が痛いので、

周りの人にアドバイスをもらったのですが、

 

ヨーグルトは、

夕食後に飲むと良いらしいです。。。。

 

買ってくるか。笑