Komatsu's diary

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第37話|求む、健康診断一緒に行く人。

今日、動悸が激しくて、

ぶっ倒れるかと思いました。

 

つい6時間前にスピーチをしてきたのですが、

あまりにも感情がこもりすぎて、

心臓がバクバク止まらなかったんですよね。

 

なんかやばいかな〜って思って、

その場にいた人、何人かに、

脈はかってもらったんですけど、

 

 

不整脈かな〜的な事言われたから

一緒に病院に行く人、募集します。

 

 

さて、、、それよりも本題なんですが、

スピーチでこんなこと言ってました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この環境で1番進化してやる。

 

俺に差をつけらえれたことを

全員に後悔させてやる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【 無意識 】に言ってたので、

本当に心から思っていたことなんでしょう。

 

 

で、この【 無意識 】って

使いこなせるといいことが結構あって、

 

スラスラ人前で話せるし、

ブログ書くのも数分でできるようになるんですね。

 

 

人の前で話せないとか、ブログが早くかけないのは、

無意識に繋がった感覚を身につけてないからなんですよね。

 

 

そう。

 

実際に、この投稿を見てる人の中で、

怒った時は、思ってたことスラスラ言えた経験が

あるんじゃないでしょうか?

 

 

この【 無意識 】モードになれると

結構、無敵なんで、身につけて欲しいです。

 

 

じゃあ、どうしたら、

無意識になれるのか?っていうと、

 

 

【 無意識 】になった瞬間を知ってほしいです。

 

 

本を読んで集中する瞬間かもしれないし、

お風呂に入って何かを考える瞬間かもしれない。

 

 

僕は、今このコピーを書いている瞬間は、

意識できてるのは、指の感覚くらいで、

服着てるなとか、音楽流れてるなとか

ほとんど触れてる感覚がないです。

 

 

いわゆる、時間がいつのまにかすぎていた

っていう場面を思い出すといいですね。

 

 

あなたが【 無意識 】モードになれている時は

いつですか?コメント待ってます。

 

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

ps.

心配かけると思うので、ネタではなく、

健康診断にはいってきます。

 

pps.

【 無意識 】モード使ったら、

そうとうエネルギーは消費するので、

ご飯を食べたり、寝たり、

エネルギーの補給は行なってください。