小松通信

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第52話|進化の前触れ

ここまで、

 

1.ポップアップを消して動け

2.霧で前が見えないならコンプリートをせよ

3.カエル(腰が重いこと)は朝やろう

4.whatよりwhoを考えると動きやすい

5.未来の自分は進化するからチャレンジする

 

と、アクションのためのマインドセット

お伝えしてきました。

 

そして、6番目

【 進化の前触れ 】をシェアします。

 

この進化の前触れを知っていれば、

自分が今どんな状況にいるのかが、

ハッキリとするので、

 

何をするといいのかが

わかるようになります。

 

さらに、次に起きることも、

予想がつくようになり、

チャレンジすることも

怖気付くことがなくなります。

 

なので、

しっかりと覚えて、

自分に当てはめながら、

聞いてください。

 

では行きます。

 

結論からいうと、

 

【 進化の前触れ 】とは、

足し算 → 引き算 という順序

 

である、ということです。

 

 

例として、僕の学歴に対して

考えた結論をシェアします。

 

⑴ 足し算

---------------------------

僕は、小3から塾に通っていたため、

勉強嫌いにならずに、

高校まで勉強第一優先で

頑張ってきたタイプです。

 

少しはしょりますが、

 

僕は、

成績を残す→褒められる

→もっと褒められたい→頑張る

 

というループがあったので、

 

【足し算】

解ける問題を【増やす】こと

学歴を【上げる】こと

 

にエネルギーを注いでいました。

 

そして、就職活動も

地位を【上げる】ための就職先を

探していました。

(優秀と言われる就職先)

 

 

でも、それはうまくいかなかったです。

人事の人は見抜いていたんでしょうね。

60社近くは落ちました。

 

 

その後、両親が僕に1年就活浪人になり、もう一度就活をするという選択肢を与えてくれました。

 

それから、親には黙って、

ビジネスを始めるわけですが、

途中で、大学をやめてしまおうか

考えることになりました。

 

 

⑵引き算

----------------------------

そう、学歴を同世代より

【下げる】という選択を考え始めました。

 

でも、それを選ぶには、

もちろん葛藤がありました。

 

1.親が今まで僕に使ってくれた教育費、生活費、その他諸々は、なんだったのか?

 

2.今まで自分が頑張ってきた時間はなんだったのか?

 

3.本当にこっちの道で成功できるのか?

 

他にも沢山考えました。

 

 

まとめると、

【負】の感情、恐怖というものです。

 

 

でも、それと同時に

ビジネスに可能性も感じていました。

 

 

ん〜〜〜〜〜っとーーーー、

あーーー、、、

 

と、頭をずーーーーっと、

こねらして、

 

 

パッと出したのが、

 

--------------------

学歴を【捨】てても、

 

【元気でいることが僕の役目】

(第2話にも出しました)

https://timeline.line.me/post/_dR4BIyoM2Rd4ax5TKNcY8rDSnxY8oyAI2Yxk77w/1154535865210057764

--------------------

 

という答えでした。

 

 

引き算、つまり、怖い方を選んだら、

本当に大切にしたかった価値観、

気持ちを見つけることになりました。

 

 

 

そして、前触れが起きた後は、

 

かけ算が起きます。

 

⑶かけ算

--------------------

ここからは、今のコミュニティで

起きた出来事で、長くなるので、

誰かに聞いてください。

 

簡潔に言えば、

僕が手に入れたいと、

その時思っていたものは、

ほとんど全て手に入りました。

 

仕事仲間も、やりたいことも、

不満はないです。

家族との関係も良好です。

 

まだまだ理想があるから、

満足はしてないけど。

 

 

 

さて、振り返ると、

 

【 進化の過程 】は、

足し算 → 引き算 → 掛け算 という順序

 

で進むというお話でした。

 

 

ここ数日のをあてはめていくと

 

足し算は、

1.ポップアップを消して動け

2.霧で前が見えないならコンプリートをせよ

3.カエル(腰が重いこと)は朝やろう

 

引き算

4.whatよりwhoを考えると動きやすい

5.未来の自分は進化するからチャレンジする

 

 

そして、最後に

 

かけ算

6.チャレンジしたら、人生は加速する

 

といういう感じです。

 

 

さて、あなたは、

どの段階にいそうですか?

 

引き算手前にいるなって思ったら、

思いっきり飛び込みましょう。

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

ps.

大学はやめればいい

というわけでは、ありません。

 

両立という意味では、

素晴らしいスキルが手に入るはずです。

 

小松の場合は、こうなった

というお話です。

 

 

pps,

赤ちゃんは、最初、日本語、

英語沢山の言語聞ける状態らしいです。

 

でも、日本語だけでいけるってタイミングで、

他の言語は聞こえないように、

脳がするらしいです。

 

日本語→足し算

ほかの言語の可能性→引き算