Komatsu's diary

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第59話|モヤモヤ病への特効薬

「あ〜何したらいいんだ!」

 

こうしたモヤモヤした感覚って

何度かぶつかったことがあると思う。

 

 

そんな時、これから伝える考え方を

知っていると、

少し気持ちが楽になると思う。

 

 

ここ数日、小松くんは、

この投稿チャレンジについて

どういう方向性を持たせていくのか

を、迷っている。

 

次が第60話で6分の1だから

ひと区切りだと。

 

第2章スタートって考えると、

次のテーマについて悩み始めたから。

 

 

じゃあ、なぜ小松っていう人間が

悩み始めたのか?っていうと、

 

脳の使い方が、ゴール型だから

 

っていう言葉でまとめられる。

 

 

 

こういうゴールがはっきりしてないと

なかなか動けないタイプ。

 

で、このタイプは、

とりあえず、なにかやり始めてみることが

すごく重要。

 

 

この文章でさせ、

とりあえずと思って、書き出してる。

 

 

で、逆にゴール型じゃない人は、

テーマ型って言われいてる。

 

ふわふわしたタイプって

テーマ型が多い。

 

 

この文章は、テーマ型の文章で、

 

ゴール型の人からすれば、

結局何が言いたいのかわからないから、

すごくイライラするんだけど、

 

テーマ型の人は比較的、

読んでも苦痛じゃないと思う。

 

 

ここまで描き進めてみると、

面白いことが起きていて、

 

この文章を書き始める前まで、

「この投稿の流れどうしようかな〜?」

ばかり考えていたのに、

 

 

今は、ゴール型とテーマ型について、

何を伝えようかなって考え始めている。

 

 

ゴールがはっきりしてきたからだと思う。

 

 

今日セミナーで講師が

こんなことを言っていた。

 

「勇気の出し癖をつけよう」

 

 

このフレーズって

ゴール型なら、乗り越え方がある

 

 

ゴール型なら、

納得はしないけど、やってみる。

 

テーマ型は、

とりあえずやっちゃってることが

多いから、大丈夫笑笑

 

 

あなたがモヤモヤした時、

どんな思考で抵抗するだろうか?

 

納得しないからだろうか?

 

自分の抵抗パターンを知っていると、

スッと行動できるようになる。

 

まさか、今日の文章がこうなるとは

思ってもみなかった。

 

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

 

Ps.

 

「勇気の出し癖」をつけるオススメの方法は、30日間違うお店に入ってランチを食べる。

 

これやると、大抵行ったことがないお店に

いかないと達成できないから

勇気の出し癖がつく。

 

この方法は、

東京で小松がセミナー聞く側だった時に、

講師の人が言ってたから、やってみた。