Komatsu's diary

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第63話|菌って美味しい。

僕ら人間は生かされている。

 

『誰に?』

 

「他人に」っていうのは

ありきたりの答えで、

 

 

今回の答えは、

 

『微生物・細菌に』

 

ということにしたい。

 

 

もっというなら、

心臓が動くのはなぜ?

肌が生まれ変わるのはなぜ?

etc...

 

 

僕らは、自分の意思とは関係なく、

勝手に動く機能のおかげで、

生きている。

 

 

 

そう。僕らは自分の身体というものの器に、何者かと共存している。

(物身一元論とか、二元論とかは、置いておく)

 

彼らも勝手に動いて、

生活をしているわけ。

 

 

こないだインフルで高熱出たけど、

体の中にウイルスが入って、

共存している微生物だか細菌だかが、

戦っているから、高熱が出る。

 

そうなら、

解熱剤を飲む行為は、

インフルのウイルスに

味方しているようなもの。

 

僕らは共存する

微生物や細菌と

仲良くならねばならない。

 

 

こういうのを、

『生命体』として考える。

って言ったりする。

 

 

そう。この『生命体』っていうのを、

あなたの生活にも当てはめてみてほしい。

 

あなたが所属するコミュニティ、

あなたが運営するコミュニティ、

あなたの周りの人間関係、

 

もし、誰かが何か問題と思って騒いでいるのなら、きっと何か問題が起きてるのだろう。

 

 

あなたのお客様が何か文句・クレームを言ってくれたなら、それは発熱みたいなもんだ。

 

それを、解熱剤のように、文句をなかったことにしてしまうのは、非常にもったいない。

 

 

そう考えると、小松が輝けているのは、みんながスポットライトを当ててくれているからで、

 

 

小松そのものを、

磨き切っておかないと、

スポットライトを当てられても、

光らないなっていう。

 

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

ps.

時には、こういうのを、小松も読む。

福岡の居酒屋のしいたけは、

美味しい。

https://voguegirl.jp/horoscope/shiitake2019-h1/contents/07libra/