小松通信

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第75話|強化版ゴールデンサークル

パワフルに生きるトリガーを

発動する絶好のタイミングとは?

 

ということについて、

今回は、触れていきたいのですが、

 

 

前回は、

1.過去のtakeに感謝を忘れない

2.人間は忘れるから考え直す時間を作る

というお話をしました。

 

 

人間というのは、

理論的に、論理的に考えるだけでは、

動けないですよね。

 

だから、時々、感情を思い出す、

解き放つって感覚が必要です。

 

人間は利口だから、

やり始めた動機を忘れて、

行動することに集中できちゃうんですよね。

 

それが、逆に、

今やっていることがなぜ始めたのか?と

苦しめることもあるんです。

 

だから、思い出す仕組みを

作る必要があるんですね。

 

仕組みのベースは、

サイモン氏が提唱する

ゴールデンサークル理論です。

 

 

ゴールデンサークル理論とは、

 

why(目的)を考え、

how(達成方法)を考え、

what(やること)を実行する

 

というものです。

 

これを元に、事業バージョンに

当てはめると、こうなります。

 

1.動機

2.(who)ペルソナ

3.(コンセプト)

4.(集客)マーケティング

5.(コミュニティ)顧客管理

1.動機2回目

 

で、パワフルになるためのタイミングは、

 

5.(コミュニティ)顧客管理

1.動機2回目

 

 

この、5→1にかけての最中です。

 

よく起きがちな失敗パターンは、

この5のタイミングで、

お客様を嫌いになるパターンです。

 

いい人、悪い人がごちゃごちゃになって、

その分野をやってる理由が

わかんなくなるんですよね。

 

 

だから、5→1のタイミングでは、

必ず思い出してみてほしいです。

 

 

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

ps.今日のまとめ

1.お客様を多く抱えたタイミングこそ、

やる理由を考え直す。

 

pps.

今日のように1→2→3...と関係し合う関係を、

五行論という学問では、【相乗】という。

 

じゃあ、反発し合う【相克】は、

いけないのか?って言われたら、

今まで僕の投稿を読んでる人は、

どう考えればいいか分かってる。

 

 

もしわからないなら、

読みが甘いか?付いてきてないか?

 

はたまた、

小松の文章力低下か?

 

まぁ、後者でしょう笑笑