Komatsu's diary

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第76話|自利利他の真髄

ここ数日のまとめから入ると、

 

成功の鍵:温度である。

--------------------

まずは、相手との温度差を意識して、

私とあなたは違うをやめよう。

 

それができたら、次は、

相手と価値を共有し合い、

過去の相手がしてくれたtakeに

感謝を忘れないようにしよう。

 

とはいえ、

人間は忘れるから考え直す時間を作ると、

【軸】がブレないからいいと。

 

そして、そのタイミングというは、

お客様を多く抱えたタイミングだ。

----------------------------

と、お話ししてきました。

 

次に重要なのが、

【軸】ってのを考えるのに、

視座をどこの高さにすべきか?

 

 

つまり、

 

誰目線になるのがいいか?

 

 

って話。

 

自分のことばかり考えれば、

冷たくなる。

 

相手のことばかり考えれば、

苦しくなる。

 

 

そんなことを考えながら、

この投稿を書いてる時に

回ってきたのが、この記事。

https://toyokeizai.net/articles/-/267883?display=b

 

そして、この記事に対して、

『国のせいにしてばかりでもね』

と、コメントする人もいた。

 

僕も確かにと思う。

 

確かに、制度の悪さとかは、

色々あると思うけど、

 

国民 vs お偉いさん で争うのは

なんか変だよなって思うし、

いつまで良くなるのを

待たされるのかわからん。

 

ましてや、

日本人 vs 海外 ってのも変。

 

資本主義って目線になれば、

貿易してる同士の国家なら、

協力して問題を解決しなければならない。

 

 

でも、その規模で良くしていくって

いつになったら、

人生が報われるのか?って話だよと。

 

 

だから、そこで、オススメなのが、

あなたの2つランク上の先輩であり、

かつ、尊敬する人と同じ視座がいい。

 

 

第26話|この話。

https://timeline.line.me/post/_dR4BIyoM2Rd4ax5TKNcY8rDSnxY8oyAI2Yxk77w/1154746861210058801

 

昔は、その尊敬する人を目の前にして、

考え方がおかしかった。

 

 

その人の為に頑張るって

相当yesマンで頑張ってた。

 

誰かの幸せが私の幸せ

 

みたいな感覚。

 

 

でも、この人が幸せじゃないと、

私は幸せじゃないって

相当自分の幸せに無責任だなって思った。

 

自分の幸せにクソ向き合って、

レベル上げしたら、

その人が出来ること増えるよな

 

その人の時間が増えて、

色んなことにチャレンジできるよな

って思い改めた。

 

だから、

その人の視座を手に入れようと、

めっちゃ頑張ったんよね。

 

【参考】第21話|fake it

 

https://timeline.line.me/post/_dR4BIyoM2Rd4ax5TKNcY8rDSnxY8oyAI2Yxk77w/1154704564410058950

 

あの人ならどう考えるかな?

あの人ならこの場面でなんて言うのか?

 

と、尊敬する人をあなたに

インストールをしよう。

 

これがうまくいった時、

尊敬する人との温度差がなくなり、

情熱を手に入れることができる。

 

なぜ、そんなに頑張ってるのか?

なぜそんなに走り続けられるのか?

 

命を燃やせとは、そういうこと。

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

ps.今日のまとめ

1.誰目線になるかのオススメは、

2つ上のランクの人を見ること

 

2.尊敬する人の幸せは、あなたの幸せのために頑張ることで手に入ることがある。

 

3.そんな時ほど、尊敬する人をインストールする。