小松通信

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第80話|ビジネスはスポーツ競技の1つ

こんにちは!小松です!

今日もこのテンションで

やっていこうかなと!

 

さて、今日のテーマは、

 

ミスをしてから強いやつ

 

って話をしたいと思います。

 

 

僕の周りには、

目標の設定から高めに設定することが多いので、

常にチャレンジをしている人がいます。

 

 

できることをすることより、

できないことをできるように努力する方が、

スキルは身につくし、結果も得たいものに

なりやすいからです。

 

でも、その分、

失敗したり(定義は定かではないですが)

気分が下がったりすることがあると思います。

 

僕、小松もミスをすることはあります。

昨日に至っては、ミスだなって思うこと、

2回立て続けに起きました。

 

さらに、お願いしていたお仕事が

うまくいってないなかったら、

ダブルパンチで

「はぁ〜」みたいなテンションでいました。

 

ただ、それでも、

僕は目の前にいる人とミーティングを

全力でやらないといけない時はありますし、

 

ましてや、それがお客様なら

自分の気持ちの状態なんて

関係ありません。

 

テンションが下がった状態で

お客様と接していれば、

信用してもらえないし、信頼も勝ち取れません。

 

 

そんな時に大事なのは、

 

リカバリー”

 

を大事にするってことです。

 

 

僕は、部活でテニスをやっていました。

 

テニスってラケットの角度ちょっと間違えれば、

すぐにボールがネットにひっかったり、

コートに外にアウトしてしまったりします。

 

で、失点してもすぐに次のプレーが始まります。

 

落ち込んでる場合じゃないです。

そんなことしてれば、1点、2点、3点と

どんどん状況はわるくなります。

 

だから、大事なのは、リカバリ

 

つまり、すぐに気持ちを切り替えるってことです。

 

 

でも、なぜかわかりませんが、

ビジネス、商売、事業となると、

落ち込んでいる時間が長い人が多いです。

 

戦争とかだったら、すぐにやられちゃうよってお話で。

 

 

だからこそ、考える時間も与えられているし、

いい面もあるんですが、

 

「余裕がある」と勘違いして、

もったいないことをしている人は多いですね。

 

 

ということで、

何かミスったなとか、気分が落ち込んだなって思ったら、

 

すぐに切り替えてください。

 

 

もし、すぐに切り替えるとか無理って思う人は、

 

「落ちこもう」って思っていないか?

 

 

あなた自身から、気分を下に向かっていってないか?

っていうのを自問してみてください。

 

 

僕は、それだけで、だいぶ失点がなくなります。

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

Ps.今日のまとめ

1.ビジネスは、売上など絡むスポーツ競技です。

2.1回の失点で、次のプレーに響かせてはいけない。