小松通信

ノアの箱舟に乗ったのは、わずか勇敢な8名だった。

第82話|モチベ大暴落?

とある駅近のカフェにて

ミーティングで集合した時の出来事です。

 

僕が座った隣の席で、

主婦2人の会話を盗み聞きしながら、

「あ〜怖い」って思うことがありました。

 

 

今回、シェアすることは、

この主婦たちが無意識に自分に

悪影響をもらたらす行動なんですね。

 

 

この行動パターンを知ってもらって、

普段の生活で、

もししてしまっていたら、

それを止めようと意識してほしいんです。

 

実は、最近、小松もやってしまっていて、

直したいな〜って思っている最中だったので、

シェアしていきます。

 

 

で、やってしまっていた悪影響を与える

行動パターンとは、

 

 

” 多辯 ” です。

 

 

まず、読めますか?

 

多辯

 

覚えてもらうためにも、

あえて難しい漢字の表記をしてみました。

 

 

” 多辯 ” と書いて、

「たべん」と言います。

 

そして、意味は、

 

 話 す ぎ る 、という意味です。

 

 

いいですか?

なにか話す分には至って問題はないです。

 

 話 す ぎ る 

 

っていうのが問題なんですね。

 

 

 

どういうことかっていうと、

 

例えばですが、

 

話をしてスッキリすることってありませんか?

 

 

まさに、この主婦2人のように、

ベラベラ喋って、スッキリした〜

みたいなやつです。

 

おそらく、体験したことがあると思うんですね。

 

 

でも、この話し過ぎた時に起きる

 

 ス ッ キ リ

 

という感情があなたの行動力を

下げてしまうんです。

 

 

人は、安心したり、満足すると

動かないようになります。

 

飢餓しそうだったり、

身の危険が起きたりしたら、

全力で回避しようとします。

 

 

それと同じで、

スッキリしたというのは、

実は、よくはありません。

 

 

できるなら、

 

多辯、話すぎることをやめて、

話したいなと思う気持ちを

 

アクション、行動にぶつけよう

と変換することが大事なんです。

 

 

だから、日頃から

時間が結果につながっているか?

行動が結果につながっているのか?

っていうのを自問自答してほしいです。

 

 

もちろん、小松もおしゃべりなので、

絶対に話すな!と言われるときついんですが、

話しすぎは良くないっていうのを覚えて欲しいです。

 

 

ス ッ キ リ し た い!!

 

って思った時こそ、

 

アクションしてください!

 

~ Live a dramatic life ~

#人生にドラマを

 

Ps.今日のまとめ

1.多辯=話すぎは、行動量を減らす

2.スッキリしたかった時こそアクションに変える